ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog



GET BACK YOKO!!

a0168922_17334269.jpg

いよいよ明日発売です!

全10曲中、9曲に参加させてもらいました。

畑中葉子さんのなみなみならぬ作品への思いがバンドメンバーに伝わり、相乗効果で素晴らしいアルバムができたと思っています。

ヤン富田さんプロデュースの「後ろから前から(新録音バージョン)」もすごいんだわ!



Get Back Yoko!!


a0168922_1753063.jpg

[PR]

ちょっと、

駅まで行きたかっただけなんや、、、。

a0168922_1343624.jpg


なんか知らんけどレッカー待ってるときにこの曲が頭の中を。

Moaning At Midnight / Howlin' Wolf

この曲は何度か録音されているけど(3回かな?)このバージョンが一番好き。



しばらくの間、マイカーは入院です。
[PR]

サウンドチェック終了!

a0168922_18342471.jpg

本日は吉祥寺GBでMIKIO TRIO!!!

対バンはチリヌルヲワカ、wilberryです!

ひさびさにこんな写真を。
[PR]

ひさびさの更新。

ウルフルズが動き出してから、タイミングが合わずで「セッションライヴ」に参加することがなかったんだが、先月の3月9日には荻窪ルースターノースサイドで藤掛さんとようこちゃんとの「ファンクの森セッション」に、そして先日は高円寺ジロキチでひさびさにヒロナリさんにむちゃぶられてきた。

3月の藤掛さん、ようこちゃんとのセッションではMr. Dynamite James Brown(昨日、6月公開の映画の試写会に行ってきたー!めちゃおもろかった!!!)の曲を筆頭に、ファンクの名曲を。そして先日のヒロナリむちゃぶりセッションではR&Bやソウルミュージックの名曲をそれぞれ演奏させてもらったんだが、いやー、両日とも楽しかった!!!

その場の音楽的現場処理能力を求められるこういったライヴはオレには必要だ。


では両日で演奏した曲のオリジナルの曲をいくつか。

Brother Rap / James Brown

Ain't It Funky Now / James Brown

Sing A Simple Song / Sly & The Family Stone

Play That Funky Music / Wild Cherry

I Wish~Isn't She Lovely / Stevie Wonder

Move On Up / Curtis Mayfield

Twistin' The Night Away / Sam Cooke

Satisfaction / Otis Redding

どの曲も昔から聴いたりコピーしたりしてる曲ばっかりなんやけど、そういう曲を人前で演奏する機会って実はほとんどないのよね。しかしながらこういうセッションライヴに参加すると、そんな曲たちを演奏できるチャンスが巡ってくることも多々あるので、若手のミュージシャンにもどんどん参加してほしいと思う。

そしてヤング・ソウル・マンにも出会いました。

Chocolate Flavor / Bradio

当日のリハーサルを終えて

「ひさびさに声の大きいボーカリストが出てきたね!」

とはサックス梅津さんのお言葉。



ガーーーーーっと歌える人の後ろで叩くのは本当に気持ちが良いもんだ。

[PR]

レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち

を本日観てきました!

a0168922_21184352.jpg


いろんな人の「Wichita Lineman」を聴いてきて、てっきりTony Joe Whiteがオリジナルなんやと、今日の今日まで思ってたけど、そうか、この人やったのね。

Wichita Lineman / Glen Campbell

映画が終わるやいなや近くの中古レコード屋さんに駆け込んだら、324円という値段でオレがくるのを待っていたGlen Campbell best20。
a0168922_21272882.jpg



せっかくなんでTony Joe Whiteバージョンも。

Wichita Lineman / Tony Joe White





さて、明日は大阪で真心ブラザーズとライヴです!!!
[PR]