ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog



健一くん。

早いもんでもう2月も最後の日曜日。

日々の諸々に忙殺(そんなに忙しいのかオレは?)されながらも、頭の中は音楽のことでいっぱいです。

タイトルの「健一くん」とは誰あろう黒沢健一さん。

石田ショーキチくんやスピッツの田村くんと組んでいるバンド、MOTORWORKSで3回のライヴ(ステージ的には5回!ってちょっとややこしいな)をご一緒させてもらった。

1995年頃、L⇔Rはすでに音楽番組に引っ張りだこだったのもあって、ウルフルズがちょっとずつ音楽番組に出演できるようになるとTV局ですれ違うことなんかもあったけど、その当時、交流は全くなかった。

それから長い年月が経ち、2010年の冬、とあるイベントで黒沢秀樹くんと出会うことに。お互い同い年というのもあって一気に意気投合。一緒に飲んだり、ライヴやったりという仲になった。

そんなある日、秀樹くんから

秀「サンコン、石田って知ってる?」

サ「ショーキチくん?」

秀「そうそう。オレの兄貴とスピッツの田村くんとやってるバンドってわかる?」

サ「あ、なんやったっけ?、、、モーターなんちゃら?」

秀「そうそう、そのバンドをひさびさにやりたいらしいんやけど、ドラムのホリさんがいまはドラムを叩いていないらしく『誰かドラムいない?』って相談されたからサンコンがいいよって推薦しといたよ!」

と、まぁ大幅に脚色されてはいるがこんな感じの会話があった(秀樹くんがたまに関西弁になるのは事実です)。

そんなことがありMOTORWORKSのメンバーと対面することに。

田村くんはもちろん以前から知っているし、ショーキチくんも昔一度挨拶したことがあったのだが、健一くんだけ会ったことがなく、不安とまでは行かないものの、オレの中にはちょっとした緊張があった。

この日どんな話をしたのかはほとんど覚えてないけど(秀樹くんも同席してくれていた)、以前オレがやっと見つけたレコードを秀樹くんも持ってて、お互い「このレコード持ってる人初めて会ったよ!」てな本題とは全く関係のないどうでもいい話をしてたら「あ、そのレコードオレも持ってる!」と健一くんが話に入ってきたのは本当にびっくりした。このレコード持ってる人がここに3人もいるんやとか、そのうちの2人は兄弟なんやとか、兄弟やのにお互いここで初めて知ったんや、、、とか、いろんな意味で衝撃やったなぁ。

健一くんとのことで一番忘れられないのはオレのことを「サンちゃん!」と呼んでいたこと。

新しく入ったドラマーをどう呼ぶのが良いのか、、、。「サンコン」と呼び捨てにするのもなんか違うし、「サンコンさん」って呼ぶのもちょっと距離があるように思うし、、、うーん、、、。といろいろと真剣に考えてくれていたに違いない。

どのタイミングでそう呼ばれるようになったのか、はっきり覚えていないけど、とても自然な響きで健一くんが「サンちゃん!」と呼んでくれるのが、オレはとても嬉しかった。

バンドのメンバーになれたような感じと言うのかな。

そんな健一くんとこの先一緒に音を出すことは叶わなくなってしまった。

本当に残念だ。

最後に田村くんが撮ってくれた1枚。2014年、新宿ロフトの楽屋にて。

a0168922_16323141.jpg
健一くん、またね!



[PR]

初詣。

a0168922_2212534.jpg

ひさびさの成田山。

おみくじは末小吉。

そんなんあるんや!?
[PR]

謹賀新年。

2017年始まりました。

a0168922_148412.jpg


今年も車にお正月飾り。

昔、おやじが車に付けてたのとはだいぶ変わってもうたけど、やっぱり付けんとね。
[PR]

東京→大阪。

a0168922_1793679.jpg


今年もありがとうございました!

2017年も大いに叩きたいと思います。

みなさんよいお年を!

富士川SAにて
[PR]

仕事。

実際、趣味だったものが仕事になったのもあり、その辺りがぼやけていた時間は結構長く、バンドにヒット曲が出たのもあって、恥ずかしながら30代半ばまではぼやけまくっていた。

なんでこんなことを仕事にしてしまったのか、、、。

と考えても結論はどっちかだけやのに、もやもやうじうじと一人悩んでみたり、、、。

とまぁそんなことを言えるのも、いま現在、ウルフルズでドラムを叩けているからのと同時に、オレのドラムを必要としてくれる人がいてくれるからなんよね。

みなさまありがとうございます。

ウルフルズのファンクラブツアーと平行して、先日は栃木県の岩下新生姜ミュージアム畑中葉子さんのライヴでした。写真を撮るのをすっかり忘れていたのでこの写真を。

a0168922_12432294.jpg
HICKSVILLEの船森さん、ではなく中森さんに教えてもらった大泉インターまでの裏道を自分用のナビに変換した図。


そしてそのライヴの前後は都内でとあるレコーディング。
a0168922_12563273.jpg


a0168922_1257222.jpg
このスタジオはウルフルズでも本当によく使わさせてもらった思い出深いスタジオ。すっごい久しぶりに行ったんやけどロビーの感じからブースからほとんど当時のままで、いろんなことがグワーッと頭の中を駆け巡ったのもあって、冒頭のようなことを書きたくなったんやと思う。

それにしても、すごい仕事でした。

時期が来たらちゃんと発表しますのでしばしお待ちを。
a0168922_1342552.jpg

最後の曲はこんなセットアップで。
[PR]